免許取得後は等級はどこからスタート?

投稿者: | 2017年5月10日

自動車保険の等級制度を適用することにより、契約者の事故歴によって保険料が割引したり割増されます。

こうした自動車保険の等級は1等級から20等級までの20段階に分かれています。
免許証を取得したばかりで初めて契約する際には、6等級からスタートします。

そして、1年間保険を用いた事故を起こさなければ次年度には等級が1段階上がります。

自動車保険は、数字が大きくなるほどに割引率も大きくなり数字が小さくなるほど割引率も小さくなります。
このような仕組みから1段階から3段階においては割増という扱いになります。
1年間事故を起こさずに保険を適用しなかった場合次年度に段階が上がる一方、事故を起こし自動車保険を適用した場合は次年度の数字が下がります。

自動車保険が15段階にあった人が事故を起こし保険を適用させた場合次年度の更新時には3つ数字が下がります。
事故により3ランクダウンした場合、次年度の契約からは事故ありという扱いになり3年間続きます。
こういった事故ありという状態においても割引率と割増率は関係しており、3ランク下がる事案であれば次年度の更新から3年間事故ありという等級が継続します。

また、1つ数字を下げる事故であるのなら1年間続くことになります。
当然、トラブルを起こすと次の更新時からは金銭的負担が増えることになります。
自動車保険に入っているから大丈夫というのは安心材料にはなりません。
トラブルが生じたらしっかりと運転を見直しましょう。