家族間で自動車保険の等級の引き継ぎってできますか?

投稿者: | 2017年5月10日

自動車保険の等級は家族間での引き継ぎは可能です。
自動車保険は無事故であれば、最大で20等級まで進むことができるので、割引率が高くなり保険料の負担が少なくなります。

親の自動車保険の等級がすすみ、子が新しく車を購入した場合には、親の等級を子供が引き継ぐことで、保険料の負担を抑えることができます。

親は新たに自動車保険を契約しなければいけませんが、子供の年齢条件を考えると、この方法で手続きしたほうが、保険料の負担を抑えることができます。

親子2台分の保険料を支払うことになりますが、新規で加入するよりは保険料を抑えることができます。
家族観の等級継承には同居であることが条件となります。
契約者が記名被保険者の場合、内縁関係も含む契約者の配偶者または同居の親族、配偶者の同居の親族であれば引き継ぐことができます。

子供は親族ですが、同居が条件となりますから将来別居予定であれば、同居中に等級を継承しておいたほうがよいでしょう。
子供以外でも同居している親族であれば可能なので車を乗る予定がなければ、同居の親族に引き継ぎをしてもらったほうが等級が無駄にならずに有効活用することができます。

手続きは保険会社や代理店に連絡すれば簡単にできます。
新車の納車日に合わせて手続きをします。
手続きの時には車検証を用意します。
新車の記名被保険者を子供または親族に変更します。
同時に保険の名義も変更します。
親の車は新規で保険加入手続きをします。
新車の納車日が入替日になります。