自動車保険の等級とは?

自動車保険に加入していると「等級」という言葉をよく聞きます。これによって自動車保険の更新時に保険料の割引や加算が行われるのです。

自動車保険に加始めて加入した時は、誰でも6等級からスタートします。

その後、1年間保険を使った事故がなければ毎年1等級上がって行き、逆に保険を使った事故があれば下がって行き、1~20等級まで存在します。

数字が大きいほど保険料の割引額が大きくなり、保険を使った事故がない優良運転者と判断され保険料金が割り引かれます。数字が上がるときには1つずつなのですが、歩行者にけがを負わせたというような人身事故を起こしたときには、一度に大きく下がるケースもあります。

また、同じ等級でも無事故のままの人と、保険を使った事故を起こして数年経ち、同じ等級になった人とでは保険料が違ってきます。

これは無事故の人と事故を起こした人の保険料が同額であることで、無事故の人の保険料で事故を起こした人の保険を支払っているという不公平感をなくすために事故を起こした人の保険料は高くなるように設定されています。

この等級は保険会社を変更するときにも引き継がれますが、保険の契約が切れ目なく続いていなくてはなりません。

現在の保険会社の自動車保険の期限が過ぎて1日間を開け、新しい保険会社の保険期間がスタートする、という場合にはまた初めからのスタートとなります。

保険会社によっては何らかの措置をしてくれる会社もありますが、全てではないので注意が必要です。